アロマテラピーとは


アロマテラピーとは

アロマテラピーとは、植物から抽出される香りの成分である精油(エッセンシャルオイル)の力をかりて、心や身体のトラブルを穏やかに癒し、健康増進や美容に役立てていこうという自然療法です。

アロマテラピーは精油を様々な方法で利用します。嗅覚を通して脳にダイレクトに香りが伝わったり、また、皮膚から浸透して血中に取り込まれることで、自律神経系や内分泌系、免疫系に働きかけます。精油を用いることでストレスを軽減したり、リラックスしたり、元気になったりという心理効果が期待でき、様々な組織の自己治癒力を高める助けをします。

このような働きにより身体と精神の不調を改善してバランスをとることで、健康増進や美容などにも役立てることができます。

 

精油とは

精油は植物の葉・花・果皮・樹皮・根・種子・樹脂などから抽出した100%天然の素材で、有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質です。精油は、各植物によって特有の香りと機能をもち、アロマテラピーの基本となるものです。植物から採れる精油の量は非常に少なく、希少価値があります。

自然環境と精油のパワーを考え、当サロンでは有機栽培(オーガニック)と厳しい自然の中で自生している野生種(ワイルド)のみにこだわる「マテリア・アロマティカ」社の精油を中心に扱っております。

 

ホーム
ホーム
プロフィール
プロフィール
講座
講座
ご予約お問合せ
ご予約お問合せ
ブログ
ブログ